訪問美容をはじめたい美容師さんへ役立つリアルな情報を発信します

訪問美容師・大脇貴志のブログメディア

訪問美容師向け記事 開業

【訪問美容×フリーランス】個人の美容師としてこれからはじめていきたい方へ

◼訪問美容師必見!◼
僕が顧客0の状態から訪問美容師として独立し、営業なしでも月40万の利益を出すまでに行なった全てのノウハウを有料noteに書き記しました。また自分の訪問美容師としての収入を赤裸々に公開もしています。全部で5万文字を超える大ボリューム記事!途中まで無料で読めますので是非気になる方はご覧ください*
>>無料で記事を読んでみる

 

こんにちは!美容師の大脇です。

今回はこれから個人の美容師として訪問美容をはじめようとお考えの美容師さん向けの記事になります。

今どんどん増えている「フリーランス美容師」

会社やお店に属せず、個人の美容師として面貸しやシェアサロンといった形で独立する美容師さんは今後さらに増えていくでしょう。

 

その中で

  • フリーランス美容師として「訪問美容」をやっていきたい
  • サロンワークと平行しながら個人で「訪問美容」の活動をしていきたい

とお考えの美容師さんも今後増えてくると思います。

 

高齢化社会が加速し訪問美容の需要がどんどん増していきます。

美容師としての技術や知識の他に「介護」要素の知識や経験がひとつの武器になる時代にさらになってきます。

 

訪問美容をはじめるのには実は特別な資格はいりません。

美容師免許さえあれば誰でも訪問美容を行う事はできます。

ただ普段のサロンワークと訪問美容とでは全く違う世界ですので、しっかりとした知識や技術を勉強していく必要があります。

 

僕も福祉美容師としての講習会や介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)も参加し資格を取得しました。

よく使われる介護用語や福祉用具の基本的な使い方、様々な病気や感染症の知識があると実際施術していくさいにかなり役に立っています。

なにより依頼者様やご家族様、介護施設職員の方々へ安心感と信頼感を築いていく事もできます。

 

0からはじめた訪問美容

実際僕自身は美容師として10年程サロンワークをしていました。(今現在も埼玉で定期的に行っています)

東京・埼玉で10年程勤務した後、妻の地元である三重県に生活拠点をうつしました。

 

埼玉にいる時も平行しながら訪問美容を少しづつ行っていましたが、三重に来てからは訪問美容の活動をメインにしています。

僕としては住んだ事もなく顧客0からのスタートでしたが、少しづつ形になってきました。

実際僕が訪問美容をはじめていく(個人として開業していく)うえで行った事を以前記事にまとめてみました。

これからフリーランス美容師として訪問美容をはじめていきたい方に少しでも参考になれば嬉しく思います*

訪問美容の開業・独立をするための準備で現役美容師が行った5つの事

 

また詳しい集客方法は下記の記事でも解説しています。

営業や広告費0!訪問美容の集客はブログのみという驚くべき方法とは?

 

普段の売上や経理はfreee(フリー)におまかせしています

訪問美容で売上が発生してくると必ず確定申告が必須になります。

またフリーランスの方も普段の経理や確定申告は必須項目です。

僕が今活用していてかなり簡単に経理を管理できるオススメのサービスがfreee(フリー)のクラウドサービスになります。

【会計ソフトfreee(フリー)】

僕自身売上を管理する銀行口座と、材料や経費を支払うクレジットカードを同期しているため、勝手に自動仕分けしてくれ基本何もしません。

簿記の知識が全くない方こそおすすめしたいこちらのフリー。(逆に知識があると違和感があるかも苦笑)

青色?仕分け?貸方?など、簿記の基本的な知識がない方でも経理ができるように作られています。

費用は月に1000円くらい。(年払いにすると1万くらい)

その他の確定申告用ソフトやクラウドサービスもほぼ似たような料金ですが、手間や楽さを考えるとかなり安いです!

無料で1ヶ月のお試しサービスもあるので、経理や確定申告に不安が少しでもある方は試しに登録してみてもいいかもしれません。

1ヶ月の無料お試しはこちらから⇩


無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

 

詳しくは下記の記事でも解説しています⇩
Check【free】個人事業主の確定申告や経理を100倍楽にする会計ソフトを導入

訪問美容で行うシャンプー台や方法について

今後訪問美容で行うカラーやパーマメニューの需要はますます上がってきます。

訪問美容を行う事もできる対象者も少しづつ増えてきており、妊婦さんや育児中のお母さんにも出張する機会が増えてきています。

カラーやパーマ、トリートメントやスパといったメニューが訪問美容でも提供できれば、他店との差別化にする事もできます。

僕も移動式のシャンプー台を使用しており、おかげでカラーやパーマといったメニューを施術するさいに大活躍しています♩

実際僕自身が使用している移動式シャンプー台や、その他のシャンプー方法・やり方を記事に書いてみました。

どのように使っているのか?水圧は?持ち運びは?等詳しく書いてみましたので興味のある方は是非*

少しでも参考になれば嬉しく思います*

【訪問美容で使う移動式シャンプー台】4つの方法とやり方を紹介

 

◼訪問美容師必見!◼
僕が顧客0の状態から訪問美容師として独立し、営業なしでも月40万の利益を出すまでに行なった全てのノウハウを有料noteに書き記しました。また自分の訪問美容師としての収入を赤裸々に公開もしています。全部で5万文字を超える大ボリューム記事!途中まで無料で読めますので是非気になる方はご覧ください*
>>無料で記事を読んでみる

 

あわせて読みたい記事

 

またフリーランスが行う普段の経理や確定申告は【freee】がおすすめです⇩
Check【freee】個人事業主の確定申告や経理を100倍楽にする会計ソフトを導入

 

  • この記事を書いた人

大脇貴志

訪問美容サロンRingo代表  都内・埼玉県主要部で10年勤務後、2017年より妻の地元の三重県に拠点を移し、フリーランスの訪問美容師としてRingoを開業。埼玉でも定期的にサロンワークをしながらマルチに活動中。愛犬は柴犬のりんご郎。

-訪問美容師向け記事, 開業

Copyright© 訪問美容師・大脇貴志のブログメディア , 2019 All Rights Reserved.