訪問美容をはじめたい美容師さんへ役立つリアルな情報を発信します

訪問美容師・大脇貴志のブログメディア

お役立ちアイテム 訪問美容師向け記事

【訪問美容の道具】現場で必ず役立つアイテム8選を紹介!

訪問美容師必見!

僕が顧客0の状態から訪問美容師として独立し、営業なし、週休3日、16時帰宅でも月40万の利益を出す事のできた全てのノウハウを有料noteに書き記しました。また自分の訪問美容師としての収入を赤裸々に公開もしています。全部で5万文字を超える大ボリューム記事!途中まで無料で読めますので是非気になる方はご覧ください*

 

 

こんにちは*美容師の大脇です。

三重で訪問美容師として独立してから1年が経とうとしています。

これから時代と共に需要が高まる訪問美容。

当然訪問美容をメインに活動する美容師さんもどんどん増えていくものと思われます。

今までも訪問美容をこれから始めようとする美容師さん向けに記事を書いてきました。

今日は現場で実際に役立つ道具を、現役の訪問美容師がズバリ紹介していきます。

トリマー・眉シェーバー

 

細かい産毛や襟足などを整える際に使用するトリマー。

だいたいがショートカットで襟足はスッキリしたい!というオーダーが多いのでトリマーは必需品です。

また眉毛や顔の毛も整えて欲しいという方が多いので、眉シェーバーの使用頻度も高いです。

年を重ねてくると女性でもヒゲが生えてくる方が多いです。そんな時もさっと整えられるので便利。

僕は美容師なのでカミソリを使ったお顔そりはできません。

床屋に通っていた年齢層がかなり高いので、理容師さんができるシェービングの技術が羨ましいです。

顔そりを要望される場合、なるべくトリマーや眉シェーバーでできる範囲は対応するようにしています。

 

バリカン

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥18,700 (2019/12/10 22:14:24時点 Amazon調べ-詳細)

こちらも必需品のバリカン。

私は普段上記のパナ社のリニアバリカン使ってますが最高に使い心地がいいです。(値は張りますが・・)

訪問美容ではショートカットが多く、男性では刈り上げもかなり多いです。

また角刈りや丸坊主も多く、アタッチメントを外して全部丸刈りにする事もよくあります。

スピードが求められる訪問美容でバリカンは毎回出先には持っていきます。

 

ネックシャッター

 

こちらも必需品のネックシャッター。

理由も上記とかぶっていますが、ショートカットが多いため。

細かい毛が入らないようにネックシャッターは必需品です。

 

ビニール製のスリッパ

 

訪問先でスリッパは必需品。

施設などではスニーカーで入ってもいいところもありますが、大体は履物を変えます。

また個人宅に出張する際もマイスリッパは必要です。

そんな時にオススメなのが塩化ビニール製などのスリッパ。

なぜかというと、切って落ちた細かい髪の毛がとりやすいのと、髪の毛がスリッパにつきにくいというメリットがあります。

ナイロン製などのスリッパはついた細かい髪の毛がなかなか取れにくいです。

これは僕も経験から学んだ事ですが、両方使ってみると一発で分かります。

髪がついたスリッパのまま色々歩くと、細かい髪の毛が周りにどんどん落ちていきます。

ビニール製のスリッパならさっと毛が落とせて、なおかつ髪が落ちても静電気でスリッパにつきにくいので、選ぶ際には頭に入れておく事をおすすめします。

 

コロコロ

 

こちらも必ずあると便利というか、もはや必需品のコロコロ。

服や周りについた髪の毛をとる他に、後片付けの際に重宝します。

施術が終わり最後部屋を片付ける時の仕上げで、作業場で使用したスペースの周りをコロコロで掃除します。

フローリングであろうとカーペットや畳であろうと、床をコロコロするだけで細かい毛がほぼ取れます。

掃除機で全体をかけるのもいいですが、コロコロだけでも十分綺麗になりますし、荷物も少なくてすむので便利です。

 

クイックルワイパー

 

こちらも掃除の際に使用するクイックルワイパー。(ドライタイプ)

ほうきやチリトリで掃除しようと思う方が多いかもしれませんが、やってみると分かるのですがほぼ綺麗に毛が取れません。

掃いても掃いても静電気で毛がくっつき苦戦するでしょう。

そんな時はクイックルワイパー。

さっとするだけでほうきではきれいに掃けなかった髪の毛がきれいに取れます。

 

施術中の作業場に敷く、薄いビニールシート

 

これもかなりおすすめの商品です。

周りの訪問美容をやっている方でも使っている方は少ないかと。

施術スペースにビニールシートを敷くのはほとんどやっているかと思いますが、僕はその上にもう一枚薄いビニールシートを敷きます。

ディーラーで手に入るんですが、200Mで1000円くらいだったかな?(1度の使用料20円くらいでかなり経済的)

 

このように透明のシートを敷き、その上でカットをします。

カットが終わったらビニールをまとめてそのまま捨てるだけ。

そうすると後片付けがかなり楽になります。これはもう手放せませんw

 

番外編:普段の経理や確定申告はfreee(フリー)がおすすめ!

これは道具ではないので番外編にしますが、訪問美容を個人で活動していくにあたり、売り上げや材料費、ガソリン代などの経費をどのように管理していくか決まっていますか?

弥生などの確定申告を自分でするためのソフトやクラウドサービスもありますが、個人的にかなり簡単でおすすめなのがfreee(フリー)というクラウドサービスです。

【会計ソフトfreee(フリー)】

弥生などで経理を管理、また確定申告をする際には少なからず簿記の知識が必要になってきます。

しかしfreee(フリー)はとことん初心者向けで、簿記の知識がなくてもかなりすんなり経理を自分で管理する事ができます。(逆に知識がある方はやりにくいかも?苦笑)

 

僕自身こちらのフリーを今活用していますが、売上を管理している銀行口座や、材料などの経費を支払うクレジットカードと「同期」しているので、ほぼ何もしなくても自動で仕分けをしてくれています。

税理士さんを雇うのも高いですし、自分で勉強すると言ってもある程度の時間は必要です。

そこで時間と労力を使うくらいなら、フリーで超簡単に経理や確定申告を済ませてしまった方がおすすめです。

ちなみに費用は一ヶ月1000円くらいです。

高いか安いか思うのは個人差がありますが、結局その他の確定申告ソフトやクラウドサービスも同じ金額かそれ以上はします。

プランが下記の通り⇩

僕は個人なのでスターターで登録していますが、それでも十分なくらい。

 

今年の確定申告も今まで苦戦していた青色がわずか3分で終了という恐ろしい結果に・・!

【フリーランス美容師の確定申告】青色申告がわずか3分で終わった話

 

1ヶ月の無料お試しもあるので、興味のある方はお試しに登録してみてはいかがでしょうか。(あまりの簡単さにびっくりするはず!)

一ヶ月の無料お試しはこちらから⇩



無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

 

 

どうでしたか?今日は自分の体験や経験から、訪問時にあると役立つ道具をざっと紹介させて頂きました。

是非参考になれば嬉しく思います。

 

訪問美容師必見!

僕が顧客0の状態から訪問美容師として独立し、営業なし、週休3日、16時帰宅でも月40万の利益を出す事のできた全てのノウハウを有料noteに書き記しました。また自分の訪問美容師としての収入を赤裸々に公開もしています。全部で5万文字を超える大ボリューム記事!途中まで無料で読めますので是非気になる方はご覧ください*

 

他にも訪問美容についての記事はたくさん書いています。

訪問美容師として開業・独立する際に参考にして頂きたい記事はこちらで詳しく書いています。
>>訪問美容の開業(独立)するための準備で現役美容師が行なった5つの事

>>訪問美容師になるには?個人の美容師が独立し飯を食べられるようになるまで

また出張時に大活躍の移動式のシャンプー台について詳しく書いた記事がこちら。
>>【訪問美容で使用する移動式シャンプー台】3つの方法とやり方を紹介

 

僕が行なっている訪問美容の活動記事はこちらでもまとめてあります。
訪問美容の活動記事

  • この記事を書いた人

大脇貴志

訪問美容サロンRingo代表  都内・埼玉県主要部で10年勤務後、2017年より妻の地元の三重県に拠点を移し、フリーランスの訪問美容師としてRingoを開業。埼玉でも定期的にサロンワークをしながらマルチに活動中。愛犬は柴犬のりんご郎。

-お役立ちアイテム, 訪問美容師向け記事

Copyright© 訪問美容師・大脇貴志のブログメディア , 2019 All Rights Reserved.