訪問美容をはじめたい美容師さんへ役立つリアルな情報を発信します

訪問美容師・大脇貴志のブログメディア

訪問美容師向け記事

訪問美容師として1年活動して、感じた事と今後の課題を考えてみる

こんにちは!美容師の大脇です*

最近もありがたい事に訪問美容のお問い合わせをたくさん頂く事ができています。

三重県で行う訪問美容サロンRingoとして昨年の秋にはじめ、もうすぐで1年が経とうとしています。

まだ訪問美容というサービスについての認知度はそこまで高くない、というのが率直な感想ですが、需要は必ずありこれからの需要はさらに増えていくサービスだと感じています。

まだ訪問美容について全く知らない方が、いつか訪問美容のサービスを知り、実際に利用したいと思った時には、すぐに訪問美容を行なっているお店を見つけられるよう僕も継続的に発信していきたいと思っています。

今日は一年間、訪問美容師として活動してきて感じた事を備忘録がてら書いていきます。

介護施設での訪問美容

介護施設にもたくさんの種類があります。

老人ホームであったり、デイサービスであったり、サービス付き高齢者住宅etc…

それらすべての介護施設にて訪問美容を提供する事ができます。

施設にて訪問美容を行う際には、事前に施設様との契約なり許可を頂く必要になります。

 

数ある施設でどのくらいの割合で訪問美容サービスを提供しているかは正直分かりません。

しかし、実際に満足のいく美容サービスを提供できている施設は「多くない」と感じています。

雑に切られた、カットしかしてくれない、プロではない職員の方に切ってもらった・・・

など、利用した事がある方からはそんな声を実際に多く聞いてきました。

 

やはり満足度を上げなければ今後の発展にはいきませんので、いかに今までのマイナス要素をなくし、そこから満足度を上げていくかが必要になります。

  • カラーやパーマ、シャンプーを当たり前のように提供する
  • おしゃれになって、いきいきできる髪型を提供していく
  • またお願いしたくなるようなサービスを提供する

 

しかし絶対的に注意!というか頭に入れておく事は・・・

施設様の場所や時間を共有しながら行うものですので、限られた場所と時間しか使えない

という事。

美容室で働いていると、ある意味ホームです。

簡単にいえば、お客様がお店に来て終わったら帰るという流れです。

 

しかし介護施設ですとそう上手くはいきません。

利用者様と施設側のスケジュールの合間に行い、一部のスペースを借りて施術する事になるので、壁や床、器具類にも必要以上に注意しなければなりません。

また施設で働く職員の方々と連携していく必要もあるので、常に周りの動きを見ながら施術する必要があります。

施設で行う訪問美容の価格帯はあまりにも低いのが現状

これは昔から変わらず、そして今後も常に隣り合わせの課題だと思っています。

そもそも雑に切られた・・なんて背景に多いのが、流れ作業だったり、一人当たりにかける時間がそもそも短い、なんて理由になります。

そしてその流れ作業になる原因なんてのは、訪問美容の相場価格があまりにも低い、これに尽きます。

日本全国で訪問美容を行なっている大手チェーン店の価格帯を見ても、ほぼカットが1500円〜2000円以下が多いと思います。

 

しかし実際に現場で働いていると、そんなマイペースにゆっくり切ってる余裕はありません。

午前中だけで数十人カットするなんてのは当たり前の話。

施設様のスケジュールもありますし、僕らも与えられた時間内に最高のサービスを提供するのみ!としか、僕もいう事ができません。

 

どちらかというとまだ全国的に行われている訪問美容では「質より量」というのが現状です。

 

今後様々なメニュー展開されるであろう訪問美容サービスが「量より質」に変わっていき、需要や認知度がさらに上がっていけばいいなと感じています。

自宅で行う訪問美容

今僕自身が最も力を入れている活動内容です。

訪問美容師として約1年前に独立し、一番力を入れ、今一番問い合わせが多いのも個人宅で行う訪問美容です。

そもそもなぜ個人宅に行う訪問美容に力を入れたのかというと、単に需要がまだまだ少ない!これに尽きます。

施設での訪問美容はすでに大手のチェーン店が契約している事が多く、個人で行う訪問美容として新たに契約してもらうのは至難の技です。

また基本個人で活動しているので、数十人単位での美容師が行う訪問美容には到底カットできる人数では敵いません。

 

ですのでマンツーマン施術をメインにした個人宅での訪問美容が一番満足度の高いサービスを提供できる!と僕は感じました。

少し価格帯を高めの設定にし、一日に少人数の施術数でも売り上げを上げられるようにしました。

 

価格帯を周りの相場より高めにするのは勇気が入りますが、その分マンツーマンでしっかり向き合うメリットの方が正直大きいです。

短時間で終わらせなければいけないというプレッシャーもなく、心に余裕を持ちながらベストなサービスを提供する事だけに力を注ぐ事ができます。

ただ個人宅での訪問美容は、施設に行う訪問美容以上に認知度が低いのが現状です。

僕も活動していて、家にきてもらえるなんて初めて知った、なんて声を多く聞きます。

 

しかしこちらも一度認知してもらい、いざ満足のいくサービスを僕らが提供する事ができると、かなり喜んで頂く事ができます。

 

まだまだお家で訪問美容ができるという事を知らない方もたくさんいらっしゃいます。

それらの方にどうこちらからアプローチしていくかが課題になります。

僕はブログやホームページからお問い合わせを頂く事が多いですが、その次に多いのが「紹介」です。

友人だったり家族つながりであったり、美容室と同様満足いくサービスを提供できれば、横から横へ広げていく事も十分可能です。

何より「人の声」というのは最大の効果がありますので、少しづつでも訪問美容の輪を広げていければと思います*

 

僕自身もさらに人から人へ繋がるサービスを提供できるよう、一人の訪問美容師として今後も活動していきたいですね*

 

  • この記事を書いた人

大脇貴志

訪問美容サロンRingo代表  都内・埼玉県主要部で10年勤務後、2017年より妻の地元の三重県に拠点を移し、フリーランスの訪問美容師としてRingoを開業。埼玉でも定期的にサロンワークをしながらマルチに活動中。愛犬は柴犬のりんご郎。

-訪問美容師向け記事

Copyright© 訪問美容師・大脇貴志のブログメディア , 2019 All Rights Reserved.